無料ゲーム麻雀、ハンゲーム麻雀4をプレイしてのレビュー・評価

 

ハンゲーム麻雀4は、過去のハンゲームと比較してグラフィック面では向上しましたが、システム面で改悪が目立った印象です。

 

まずハンゲーム麻雀3以前で主力にしていた「ノーレート卓」の場代が異様に高くなってしまい、東風荘みたいな交流が(レート有卓で勝たないと)楽しめなくなってしまったこと。チャット機能が東風荘と比較すると(以前からですが)使いにくいです。

 

ハンゲーム麻雀4はどうも「課金」が目立つ気がします。(課金しないと通常の麻雀が楽しめないシステムになっている)回線状態は良好ですが、このゲームではいわゆる「落ちる」人が目立ちます。(ゲーム自体の問題では無いのですけど・・)

 

待ち時間はどの麻雀ゲームでもそうですが、自動マッチングはすぐに終わる反面、交流卓になるとあまり人がいないので待つのに時間がかかります。人数が多いほうが嬉しいですが仕方がない部分ですね。

 

ハンゲーム自体の問題とは違うかもしれませんが入ってくる人は東風荘より消極的で会話が楽しくないです。

 

グラフィックは以前からこの麻雀の特徴でもあるのですが、アバターができたりおしゃれができたりとかなり秀逸で、特に交流卓において大会やっててチャンピオンになると「チャンピオンベルト」をつけたりとか、夏/冬によって服装や背景を変えて気分を変えたりしていました。ただ交流卓において、何もおしゃれしていない人(通称「白シャツ」)が荒らしに来ることが度々あり、そのせいで「おしゃれしていない人=荒らし」のイメージを多くのプレーヤーが持っている点が残念ですね。

 

あと、卓に鍵をかけることができる(決まった友人しか入れない)機能があり、決まった人と待ち合わせるのには便利な反面、観戦等もできない為「新しい知り合いを作る」には不便な機能なのでうまく活用していけば良いと思います。